<読むセミナー>段階的緩和される入国制限 “インバウンド観光の開国は富裕層市場から!?”

新型コロナウイルスの水際対策で、1日当たりの入国者数の上限を4月から1万人に拡大する案を、政府が検討しているということです。
入国上限、来月から1万人 留学・実習生の来日加速へ―政府検討:https://www.jiji.com/jc/article?k=2022030901037&g=pol
インバウンド市場の回復という観点からは、「まだ1万人」というレベルですが、実現すれば今後の段階的な緩和が進むきっかけになる可能性があることを考えると、良いニュースであると思います。
そんな中、インバウンド回復期を見据えた際、どのような旅行者層が戻ってくるのでしょうか。考え方の一つとして、富裕層が初めに動き出すという予測があります。
その為今回は、インバウンドにおける富裕層市場についてあらためて考察します。