いつのまにか高速道路の案内板に謎のアルファベットと数字が付いてる! ナンバリングの意味と5つのルールとは

もともとインバウンドを考慮した施策
高速道路や都市高速のジャンクションなどで見かける案内表示板に、いつの頃から謎のアルファベットと数字がついていることに気付いているだろうか。

たとえば、東名高速であれば「E1」というアルファベットと数字による番号が割り振られている。しかも、この番号は路線ごとについているわけではない。「E1」であれば東名高速から名神高速までを指している。道路網として認識しやすい設定となっているのだ。

これは、国土交通省が進めた『高速道路ナンバリング』によるものだ。

高速道路ナンバリングが導入されたのは2017年頃。当時、日本の経済政策として進められていたインバウンドや2020年に予定されていた東京オリンピック・パラリンピックにおける訪日外国人の方に高速道路ネットワークを使いやすくするために整備が進められた。

たしかに漢字やローマ字の表記だけで、非日本語圏の人が自分の行きたい方向を判断するのは非常に困難。わかりやすい道案内のために高速道路ナンバリングは有効というのが狙いだった。もっとも、新型コロナウイルスの流行などもあって、インバウンドは縮小してしまったため、高速道路ナンバリングにどれほどの経済効果があったかは疑問だが、新型コロナウイルスについては不可抗力的であり、ナンバリングが愚策であったと断じてしまうのは違うだろう。

もちろん、高速道路ナンバリングは日本のユーザーが使いやすくなることも考慮している。そのためナンバリングには5つのルールが定められている。

アルファベットで道路の特性を表現
1つめのルールが、並行している1桁・2桁国道と同じ番号をつけるというもので、国道1号線に並行する東名・名神高速に「E1」という番号がつけられているのが代表例だ。

2つめは、1桁国道とグループ(ファミリー)化するというもので、新東名・新名神・伊勢湾岸道に「E1A」とつけられているのが代表例。そのほか山陽自動車道が「E2」で、中国自動車道が「E2A」となっているのもグループ化というルールによるものだ。

3つめは、環状道路には「C」というアルファベットではじめるというルール。東京外観自動車道が「C3」となっているのが代表例だ。なお、環状道路については、それぞれ単独で存在するという考え方から、名古屋圏にある東海環状自動車道にも「C3」というナンバリングがついている。また、環状といえば首都高や阪神高速を思い浮かべるが、それらは昔から独自のナンバーがついているため、あえて新しくナンバリングしなおすということはしていない。

4つめは、1桁・2桁国道に並行する路線の対象を拡大する、というもの。ちょっと分かりづらい表現になるが、同一地域でおおむね方向が一致している路線については、国道と同じ番号を高速道路にも与えるというものだ。たとえば、東海北陸自動車道が「E41」となっていたり、京葉道路などに「E14」とついていたりするのが、このケースといえる。

最後は、並行している国道が見当たらないケースで、この場合は2桁国道に使われていない59以降の数字を使ってナンバリングしている。

まとめると、ナンバリングの数字は、基本的に並行している国道に合わせて選んでいると理解しておけばいいだろう。

アルファベットについては、最初に高速道路(Expressway)を意味する「E」を付与するのが基本で、グループ(ファミリー)化する路線は最後に「A」を付ける。そして、東京圏、名古屋圏の環状道路については、路線番号の頭にCircleに由来する「C」を与えるといったものになっている。

出典:WEB CARTOP

https://www.webcartop.jp/2022/10/972177/2/